くだらねえオタクの話をする

『映像研には手を出すな!』感想、アニメを作りたくて死にかかってるオタクの話をする

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

 最近アニメで話すことがないから、代わりにアニメを作る漫画の話をしようと思います。

概要

『映像研には手を出すな!』(既刊三巻)とは、アニメを作りたい女子高生二人とお金を稼ぎたい女子高生一人が部活を立ち上げて自作アニメーションを作るお話。ちなみに作者の大童澄瞳は1993年生まれで今作がデビュー作。デビュー作のわりには作風がおっさん臭い。

 作品の特徴としてよく挙げられるのは、作中アニメの設定が異様に作りこまれていること。そしてアニメ作りの過程すらも作りこまれていること。あとはなにより、キャラのアニメ制作に対するこだわりがなんかすごいってとこ。

 作中アニメの設定はこんな感じ↓

f:id:yossioo:20181114195503p:plain

  たぶん記事中だと字とか細かすぎて読めないぐらいだと思う。こんな感じの見開きで設定画公開するのをかなりの頻度でやってくる。クリエイターものの作品は結構あるけど、ここまで作中作の設定を練ってあるものはそんなにないだろうし、毎度のようにこの情報量を繰り出してくることがこの作品ないしはこの設定を作っている浅草みどりというキャラクターの特徴を物語っていると思う。
 ただ、一応ここで白状しておくと、ぶっちゃけ俺はあんまりこの設定画を読み込んでない。というか割と読み飛ばしてる。だって読んでもストーリーには関係ないし、単純に好みの問題でこういうジブリっぽい世界観はそんなに好きじゃない。ただまあ俺の好みは置いとくとしても、この「ストーリーには関係ないのに労力はかかってそうなページ」というのが存在感放ってる。

キャラクター

浅草みどり

f:id:yossioo:20181114222303j:plain

 幼い頃から近所を冒険し、冒険から得られた妄想をアニメの設定画にするという、根っからのクリエイター気質を持った主人公。アニメを作る人間だが、絵を描くとか話を考えるというより「世界観」を作るのが好きなんだろうなという感じ。
 アニメ制作では監督を担当。アニメの設定を作ってスタートさせるのは浅草氏の役目であり、漫画のストーリーも彼女が動き回って始動することが少なくない。
 面白いのは、アニメっていういわゆるインドアの象徴みたいなもんを作るのに、彼女は冒険といういわゆるフィールドワークによって発想を得る。それは実際に外に出てるシーンもそうだし、作中でよく出てくる表現として、実際に作品の中に入って冒険しているようなシーンもある(特別な説明なんかはなく、自然と作中作の世界が現れる)。アニメを作るという行為そのものがアニメ的っていう。

水崎ツバメ

f:id:yossioo:20181114223100j:plain 

 ネット上で水崎氏の紹介がなされる場合、ほとんど上のページが表示される。それだけ彼女を象徴付けるシーンがこれ。
 “チェーンソーの振動が観たくて、死にかかってる人がいるかもしれない”
 いや、普通に考えていねーんだよな。いるとしてもマジで少ないだろうし、そんなののためにリソースを割くのなんてアホでしょう。そのアホみたいなことに命をかけてるのが水崎ツバメ。アニメーター志望の彼女は、浅草とは反対に設定とかストーリーよりもアニメーションの「動き」を重視する。
 俺はアニメーションとか作画についてはありふれたオタクの領域を出ない程度なので、はっきり言ってチェーンソーの振動よりも女の子の乳首を見れた方が救われると思う。でもそういうのは関係ねえんだよなっていう。クリエイターの“こだわり”について、誰がそれを求めてるかとかそこにどんな意味があるかとか細かい理屈を抜きにして、それを見たい、あるいは描きたいと思っているから作るんだと、シンプルで強い理由付けをする。カッコいいね。

森さやか

f:id:yossioo:20181114224629j:plain

 プロデューサー担当。映像研の頭脳であり金稼ぎのためにアニメ制作に関わると言い切る金の亡者。
 他二人に対して、金森氏は一切絵も描かないし話も作らない。でも彼女がいないと映像研は成り立たない。思うに、金森氏がいることによってこの作品はアニメ制作だけではなく、アニメ製作にまで幅を広げられている。
 そもそも映像研が作るアニメは、

 一巻:映像研を生徒会に認めさせるための実績作りとして短期間で作れる5分アニメ
 二巻:ロボット研から依頼されたものに沿って作るロボットアニメ
 三巻:イベントで荒稼ぎするために作るアニメ

 というような感じで、特に一巻は作りたいものを作るのとはほど遠い。実際に制作担当の二人は要望の大半を切り捨てられている。しかしそういった環境の中で、「金を稼ぐ」という分かりやすく現実的な目的のために動く金森氏のおかげで、自分のやりたいこと以外ではわりとふわっふわしてるクリエイター二人が、ちゃんとしたプロジェクトの上で動いて一つの作品を完成させるまでに至っている。理想を追求したい水崎ととにかく作品の完成を優先する金森が衝突する展開は多いが、この辺もリアリティがあって面白い。作品内での役割分担が分かりやすくできてるなって思う。

 あと、金森氏は自分自身で「私が好きなのは金ではなく利益を出す活動です」と言っている。結局やってることは金稼ぎなので現実的なそれには変わりないんだけど、たぶんこの「利益を出す活動」を突き詰めてる彼女の行動原理は、目的こそ違うけれどクリエイター陣の見せる“こだわり”にだいぶ近い。
 だって金が欲しいだけだったらバイトすりゃいい話だしね。部活動を立ち上げて、変人二人をコントロールして、機材を用意して、敵対する陣営からクリエイターを守って、きっちりと利益を出す。普通にめんどくさいし、金が絡んでなかったらチェーンソーの振動描くのとどっこいな意味不行為だと思う。でもそれをやるのは、金森氏になんらかのこだわりがあるからでしょう。たいへん味のあるキャラだと思います。

 

こだわりについて

 上でもさんざん言ってるけど、ここに出てくる人間はどいつもこだわりが強い。

 一巻では時間が足りなくて、どうやって面白い作品を作るかよりも、どうやって工程を短縮して作品を完成させるかに重点が置かれていた(様々な手法を用いてなんとか作画枚数を削っていく過程は普通に面白い)。だから完成後に反省点がぼろぼろ出てくるのは当然と言ってもいい。

 二巻ではロボット研と折り合いをつけつつも自分たちの理想的なロボットアニメを作り、制作期間については一巻ほどの縛りはない。その中で作られた作品の上映会後、水崎は満足してなさそうな立ち回りをして、浅草は「やり残しは8割」とぼやく。

 そして三巻では、ほとんど縛りもなく自由に作品を作る。実際イベントは成功といってもいいぐらいの調子で、本人たちもそれなりの出来映えだと満足するかと思いきや、浅草は「まだまだ改善の余地ばかりだ」と一言。

 いつになったら満足すんだ、と思う。というか一生満足しねえんだろうなと思う。これだけ作品のクオリティを追求できる人間が将来大物クリエイターになったりするんだろうなとも。
 いや、これを読んでるとね、僕にもそんぐらいこだわりたい何かとそれに対する熱意があればよかったのになと思うね。ロボットでもチェーンソーでも金でもいいんだけどね、そういうのを持ってる人が読んだらまた違う感じにも見えるのかもしれないね。

あとあれ。三巻の最後で、効果音担当の人にちょっと妥協してもらったねみたいな話をしてて、もしかしたらその辺りで衝突とかあるんかなと期待してるってのはある。三巻が結構作りたいものを作れてる感があったので、そろそろ谷がきてもいいのかな。あんまりシリアスが出てきそうな作風ではないけど、アニメ制作的には上手くいかない時期があっても悪くないんじゃなかろうか。

まとめ

 実は漫画感想は初。だからといってなにかあるわけではない。あんまり脈絡なく普通に面白い作品の記事を書くってのはそんなになかったけど、まあいいんじゃないでしょうか。結構調べてみるといろんなところで取り上げられてる作品だけど、普通に面白いっすよ。絵柄とかフキダシの使い方とか独特なのあってたまに読みにくいけど、単純に作品にパワーがあるね。

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

映像研には手を出すな!(1) (ビッグコミックス)

 

 

オタクブログやって一年ぐらいたった感想とか話す

 調べてみたら去年の9/3が初記事だったので、これを書いてる時点でオタクブログ歴一年ちょっとって感じ。最近ネタもないし、せっかくなんでここにきてブログ運営記事みたいなのを書いてみようと思う。

一年の経緯について

2017年秋クール

 厳密にいうと夏クールが終わったところからブログをやり始めた。最初だったのでブログのデザインから記事の中身まで手探り感がある。特にネタ選びが渋い。PV数とかが伸びないのは当たり前だったので逆に書きたいものを書いていた感じはちょっとある。プリズムナナとか好き。

 ブログ運営的にはWUG新章の一話について書いたやつがヤマカンにRTされて若干バズったぐらい。バズといっても二日間で終わってその後はすぐ元に戻ったんだけど、一日10PVとかだった頃にいきなり500PVとかいったのでちょっと楽しくなった。
 基本的にツイッターとかで変なバズり方をしてもPV自体はすぐ戻ってしまうのであんまり意味がないなあと思う反面、SEO的にはたぶん強くなってる気がするのでヤマカンには感謝します。

yossioo.hatenablog.com

 

2018冬クール

 壺の記事がアホみたいに伸びた。と思って今見るとそこまでではなかった。だいたい一日100PVぐらいでそのうち90PVは壺みたいな感じ。

 アニメ的にも、白鳥士郎をネタにしたりゅうおうの記事や花田十輝をネタにしたよりもいの記事、あと岡田磨里のさよ朝とかで結構ブログ記事の感覚を掴めてくる。正直この辺が一番ブログやってて楽しかった。白鳥も花田も普通に語りたかったし、エゴサするとたまーに引用されてるのが承認欲求的にも気持ちいい。

 あと田村ゆかりのライブ記事で炎上した。最終的には攻撃してきた人もちょっと叩かれて賛否両論みたいになった結果、ブログのSEOが強くなってPV数が伸びるようになった。炎上した当日は1200PVで、その後は上の記事がちょくちょく伸びて200~300PVとか付くようになった。正直気持ち的にはひやひやしたけど結果を見るとおいしい展開だったように思える。

yossioo.hatenablog.com

 

2018春クール

 微妙にモチベが消滅してアニメ記事はほとんど書いていない。が、DDLC(ドキドキ文芸部)の記事がバカみたいに伸びる。それはもうすごい伸びる。一日1000PVが当たり前になり、そこへサマポケの記事が同じくらい当たって1000~2000PVは稼げてた。PV数的にはここがピーク。特にDDLCは未だにPV数のトップ。嬉しいと思う反面、やっぱり記事の中身よりコンテンツの人気の方がPV的には重要なんだなって世知辛く思う。

yossioo.hatenablog.com

 

2018夏クール

 前期で調子に乗って収益化をちょっと考え始める。主にグーグルアドセンス(知らない人用に説明すると、大半のブログの収益はここからきます)に登録し、趣味でやりつつ小銭を稼げれば美味しいしモチベも上がるなって思ってアドセンスに申請したらボコボコに追い返された。ちゃんと調べた結果、アドセンス申請するブログにはアダルト要素や批判的な内容が含まれるとアウトらしく、シコネタやクソアニメ批判をやってる当ブログは論外。
 アドセンス対策用のブログも一個作ってみて申請したけど、普通に駄目だった。なんか年々基準が厳しくなっているようで、自分じゃ改善点もわからないし、これ以上やっても不毛かと思って収益化は諦める。一応Amazonアフィリエイトはその流れで導入したけど、3か月かけて稼ぎは800円ぐらいです。

 収益化挫折問題のせいもあり、記事はそんなに書いていない。あと独自ドメインにも挫折したせいで一時的にSEOが死んでPV数も落ち込む。伸びたのはペンギンハイウェイの記事ぐらいかな。

yossioo.hatenablog.com

 

2018秋クール←今ここ!

 収益化に挫折したせいと単純にネタがあんまりないのとでモチベがダダ下がりしてる。でも直近で書いたなのはDetonationの記事が結構伸びてるのは嬉しいのでやっぱり承認欲求は偉大。ぼちぼちにやっていきたいですね。ちなみに最近のPV数は一日500~800PV辺りをうろうろしてる。

PV数について

 これなんだけど、しばらくやっててすごい思うことがある。上にもちょろっと書いたけど、ブログ記事のPV数と記事の完成度が比例しないってこと。まあどんな分野でも似たようなことはままあると思うけど、オタクブログは他人のコンテンツに乗っかってる分余計にそれが顕著。その辺がモチベの上げ下げにも関わってる。

 PV数が伸びる要素は、主にSEOの強さとコンテンツの人気。

 SEOってのは検索でそのブログがどれだけ上に来るかの基準で、記事そのものの評価もそうだけどブログ本体の評価もかなり影響してくる。始めたばっかのブログはどんなに素晴らしい記事を書いても検索上位には来ないが、ある程度続けて炎上したりバズったり普通にPVが伸びたりしてるブログはSEO的に強くなるので、適当に書いた記事でも結構上に来たりする。

 コンテンツの人気はそのまんま。そもそも検索されないコンテンツをネタにしても母数がないのでPVは絶対に伸びない。リピーター重視やツイッターでのバズを狙えるぐらいの個性があるブロガーならともかく、基本的にPV数の9割以上は検索流入なので母数がデカいコンテンツほど承認欲求を満たすには有利。エロ同人みたいなもん。

 で、この二つが合わさった結果がDDLCとかなのはDetonationのPVだと思ってる。ぶっちゃけどっちも俺のより内容が充実してる記事があるのに、(オタクブログにしては)SEOがほどほどな俺の記事が上に来てしまうし、気合入れて書いてもロクにPVが伸びない音楽少女みたいなマイナーコンテンツと違い、見たしとりあえず書いとくか!的なノリでも勝手にPVが伸びるときがある。

 あとは、そもそもオタクブログ自体が趣味の領域を出ないジャンルだというのもある。ちょっとググればわかるけどアニメメインのブログは収益化にも向かないしPV数もそんなにイケてない。感想を垂れ流すだけならツイッターの方が手軽だし反応も貰いやすくて承認欲求も満たしやすい昨今だし、ガチでブログやるなら他に向いているジャンルはいっぱいある。
 そういうわけでPV数を意識しすぎるのはもはや趣旨にそぐわない感じがしてきてるのであれ。かといってどうせ書くなら数字が伸びるものの方が嬉しいというのが人間の性。俺自身、アドセンスが登録できてればPV数=お小遣いになるのでそっちの方向で頑張るのもアリかなと思うぐらいには承認欲求と副業への憧れはあったのは事実。でもその方面は収益化挫折事件でもうナシになってしまったので、俺としてはもう趣味に寄せてく感じでほぼ確定。

記事の方向性について

 最初は好みの問題もあって、結構批判的な記事が多くなるもんだと思ってたけど、やってみるとあれがクソ!これがクソ!みたいな記事は思いのほか書きにくい。単純な話、つまんねえコンテンツにわざわざ時間を割いて記事書くこと自体がだるいし、どうせやるならやっぱ面白いコンテンツの話をしたい。クソをぶちまけるのはツイッターの方が向いていると心底思う。
 ただ、面白いコンテンツの記事も結構書くことが少なくて、単純に面白いだけのアニメとかだと語ることが大してない。「面白いコンテンツ」の話をするっていうより、「語るのが面白いコンテンツ」じゃないと記事にしにくいなって思う。そんなだからモチベが上がらねーってなるんだけど、趣味ならモチベあるとき以外なんも書かなくていいと思うのでそれでやっていこうって考えてる。

 あとはジャンルってかメディアの話なんだけど、アニメってのはそもそもブログ記事として書きにくい。そもそも1話~12話のなかのどこで記事を書くかっていうのがあって、ちゃんと書くなら当然全話見終わってからなんだけど、全話終わってからっていうのはもうこれから盛り下がっていくしかない期間であって、モチベ的にもPV数的にもあんまり書きたくない。途中で書くのが一番楽しいしPV数も伸びるしいいのかなって思うけど、感想の質的には中途半端。どっちも書くのはだるい。
 めっちゃ熱中できるアニメがきたら一話ごとに全部感想書くとかもやってみたいとは思うけど、もうこの辺は面白いアニメがくるかどうかの話なので俺にはどうしようもないね。

 書きやすくて結構やってるのは、劇場版の感想。というか一本で終わるものはだいたい感想が書きやすい。一巻完結の小説とか漫画も書きやすいだろうけどあんまり目につかないし、ライブ感を考えると劇場版がかなり勢いで書ける気がする。最近は劇場版自体が流行りだしね。

 同じ理由でゲームも書きやすい。DDLCとかサマポケとか、いわゆるギャルゲの類はぱーっとやってぱーっと感想書ける。あとユーザー層的に感想を漁る人間が多いのか、PVも伸びやすい(これはDDLCサマポケがビッグコンテンツだったからあまり当てにならないかも)。

 普通のゲームの記事もいいけど、最近やってるゲーム自体がロケットリーグとかLOLとかで感想書く感じじゃないし、あくまでも俺自身がゲームブログ書く人間じゃないってとこ。
 壺みたいな変なゲームが出たらまたやってみてもいいかもしれない。

 あとはあれだね、コンテンツの感想だけじゃなくて、雑記とか、オタク界隈のゴシップ(けもフレ騒動的な)とか、そういうのもブログの形としてはアリだと思うけど、本末転倒すぎて俺はたぶんやらない。たまにこの記事みたいなのを書くのも自分語り的ではあって面白いとは思うけどね。

雑感

 自分語り楽しかったです。いきなり更新止まったらモチベ失せたんだなって思ってください。

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

30日間無料トライアル実施中!【Amazon Prime Video】

『魔法少女リリカルなのは Detonation 』感想、キリエが一人でちゃんとできた話をする

f:id:yossioo:20181024001746j:plain

 いや、なんか面白かったんでそういう話をしようと思う。

 ただその面白いってやつが、前編だとドンパチやってた面白さがほとんどでキリエとイリスの絡みが個人的にツボって意味だったんだけど、後編はその辺に加えてシナリオ的にもかなり優秀でじわっとくる見せ場も結構いっぱいあったのでそういうところがすごいよって話。個人的に一番好きなのが前編に引き続きキリエのくだりなんだけど、それ以外も結構よかった。

一応前の感想を

yossioo.hatenablog.com

 

概要

 まあ軽く話をまとめると、暴走したユーリと黒幕だったイリスを止めるためにみんなで協力しよう!ってなって、長めに尺を取られた回想によって実はイリスとユーリがエルトリアの復活のために数十年前に活動していたことが発覚して、ついでにマテリアルズもその頃ユーリに拾われた猫だったことが発覚。
 さらにユーリを追い詰めたと思ったら今度は真の黒幕である所長(名前忘れた)が現れ、イリスまでも騙されていたことが発覚。最終的に所長VSなのは達ユーリVSマテリアルズイリスVSキリエと各所で殴り合いが発生した末になのはさんが宇宙に打ち上げられ幼い頃のなのはさんとの自分語りフェイズを経て地球に平和が戻る。そしてエルトリアには草が生えた。終わり。

シナリオ的見せ場について

 もう戦闘シーンがすげえってことは前編でも言い飽きたのでシナリオについてだけ話そうと思う。

 まず今作のシナリオは軸が多すぎてよくこれを一作にまとめようと思ったなと感じる。まあまとめられてないから前後編にはなってるのだけど。
 そもそも惑星エルトリアの話と一言で言っても、その中にはキリエとアミティエの姉妹の話、イリスとユーリの過去の話、そしてマテリアルズの話と大きく分けて三つの話が内包されており、それぞれが良い感じに関わり合いつつも一つの話として独立もできる程度であるから本当に内容がパンパン。ぶっちゃけマテリアルズのくだりを削った方がシンプルになるのではと何度も思ったけど、キャラ的にあの三人を削るのは勿体ない上に見せ場もよくできてたからマジで削りどころがわからない。

 しかもそこへなのは達の見せ場も用意しつつ最後には珍しくなのはさんの内面を掘り下げて十年来のなのはファンに衝撃を与えていく展開。マジで盛り盛りのパンパンだね。よく綺麗にまとめました。

キリエについて

 前編でヘタレのクソ雑魚扱いを受けた上、黒幕の手を引いてみんなに迷惑をかけただけの存在であるところのキリエは肩身の狭い思いをし続けた110分。肩身が狭すぎて登場シーンも姉に比べてかなり少ない彼女だったけれども、ちゃんと一番いいところで見せ場をもらって挿入歌もついてきてシナリオ的にはかなり重要な位置だったと思う。

 何が好きって、なんていっても「自分じゃなんにも決断できない。弱くて、泣き虫で、冴えない子」で「一人じゃなんにもできない」とイリスの分身から煽られまくったキリエが、最後まで一人でイリスと戦い続けたところ。今作はいかんせん味方サイドの人数がバカ多いのでペア以上で敵と戦うことが多かった彼女らの中で、キリエだけは最後まで誰にも助けてもらわずに一人で戦い抜いたのが偉い。そして所長に騙されていたイリスを、イリスに騙されていたキリエが救うのも偉い。挿入歌に合わせて戦うのも偉い。ついでに言うとキリエはイリスを倒してないんだよね、なのはさんが色々終わらせてくれてイリスが止まるまで別にキリエは勝ててないし、なんなら戦闘シーンで有利になった描写もない。ただ愚直に一人でやるべきことを成し遂げた感じ。よくやりました。

イリスとユーリについて

 ぶっちゃけ過去のあれでイリスが騙されたのはちょっとユーリに濡れ衣を着せすぎだと思う昨今。まあそこはいちいち突っ込むところではないのでいいとして、やはりシナリオ的にはイリスがメインヒロインというか、一番重要なポジションだったのだと思う。ユーリに裏切られたと思ったら実は所長に騙されていただけのイリスが、今度はキリエを騙してあんなことやこんなことを……と、この辺はマジでぐちゃぐちゃになっていてわけわかめ。でもそのイリスに対してキリエが「嘘でもいいから一緒にいてくれて嬉しかった」とシンプルにぶん殴ることで負の連鎖をぶった切る辺りやはりキリエちゃんの物語。

 まあエルトリア勢の負の連鎖については結局所長がすべて悪いのであれなんだけど、それをイリスとキリエがややこしくしたっていうのはある。ユーリも正直「私が全部やりました」とかいうアスペ告白したからイリスが誤解したっていう意味合いでやらかしてる感がある。でもそういうみんながみんなぐちゃぐちゃした末にまたエルトリアで再会していろんなことをやり直すっていうのがいいよね。俺はみんなが荒廃したエルトリアに帰ってきて「ただいま」を言った瞬間にじわっときたね。結局みんなちょっとずつすれ違った結果に殴り合いをしていただけで、エルトリアのために戦っていたのは同じなんですね。

子供なのはとの会話について

 大きい方も子供なのはで小さい方はもっと子供のなのは。小さい方のなのはは「自分のことが好きになれないんだね、だから自分のためじゃなくて人のために戦うんだね」と俺のうろ覚えの記憶の中で言っている。そのちょっと前になのは自身が「立場が違くて分かり合えないときがある。折り合いがつかないときがある。私たちが持っているのはそんなときに大切なものを守るための力」とやはりうろ覚えで言っている。
 なのはさんのバックグラウンドがほとんど掘り下げられることのないシリーズにおいて、なぜ彼女がここまで他人の問題に首を突っ込んで戦うのかという疑問がここにきて解決されたのはすごい。しかも直球なので猿にもわかりやすくて大変よろしい。

 今作だと、エルトリア勢がやっぱりエルトリアのために戦ったり、仲間や友人のために戦ったり、そこでやっぱり折り合いがつかないことが多くてこれだけ大規模な殴り合いになったわけだけど、それを終わらせるのが一番シンプルに「困ってる人を助けたい」だけで戦うなのはだっていうのが暴力的に作品の方向性を決定づけていると思う。今作に限らず、なのはシリーズには悪い人が少ないわけね、だいたいみんな勘違いだったり騙されてたりですれ違ってるだけの根は優しい人だったりするわけ。それを解決する手段としてのパワーが魔法で、それを解決できる高町なのはっていうキーパーソンがこの作品内で一番優しい理由で戦っている。で、そいつが一番作中で愛される存在になって幸せに暮らしてる。なのはシリーズの世界観というか、そういうのをここにきて納得させられたなあと思う。

雑感

 まあなにかっていうと、いい話だったってことを言いたい。じわっとくるね。エピローグでエルトリア勢が故郷で元気にやってるとことか、それまでのぐちゃぐちゃがあってこその感動がある。いや、いい作品ですよこれは。

 

 

2018秋アニメ一話一言

やります。

RErideD-刻越えのデリダ

 オリジナルなんですね。適当に見てたせいもあってよくわかんなかったけどいまいちぱっとしない感じ。

ソラとウミのアイダ

 クソつまらんのとクソ棒。

 

走り続けてよかったって。

 代アニが舞台の声優モノ。の割りには雰囲気が落ち着いてる。今後の展開次第では面白そうと思ってたら全四話とか書いてあってあれ。

ひもてはうす

 なにがしたいのかわかんねー日常アニメは嫌い。

ガイコツ書店員 本田さん

 BLネタ多すぎだしアニメイト店員に改題しろ

あかねさす少女

 ちくわは滑ってる気がする。話はなんとも言えない。キャラデザが古い。特に惹かれる物はない。

アニマエール

 動画工房なだけあって見れるきらら枠。推せるかどうかはまだ判断しきれない。

ゴブリンスレイヤー

 なんか話だけは前から聞いてたしあれ。まあ悪くないんじゃないですかね。

SSSS.GRIDMAN

 一話時点だと一番盛り上がってる。二十年ぐらい前の特撮をアニメでリメイクしたらしいけど俺は特撮とかよく知らんし普通のアニメとして見ても普通に良い一話だったと思う。あと曲が好き。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

 ちょくちょく現れる青春モノラノベな感じ。まだ特に感じるものはない。

色づく世界の明日から

 なんかいきなりタイムリープして草。

寄宿学校のジュリエット

 なんか賑やかでいいんじゃないですかね。ヒロインがシコれるかどうかで評価が変わりそう。

うちのメイドがウザすぎる!

 幼女はシコシコ。メイドはギャグ的にもつまらんしウザいから消えてもいい。

やがて君になる

 恋愛モノ。好きな人は好きでしょうね。僕は好きじゃないです。

ゾンビランドサガ

 悪くない気がするけど出オチアニメで終わる気もする。ライブシーンは勢いがあって嫌いじゃないよ。

モブサイコ100

 そういえばこういうアニメあんまり見てこなかったなって思った。俺が見るタイプのアニメではない。

RELEASE THE SPYCE

 そこそこのキャラデザと大して面白くもないお話。あとは一握りのスパイス(笑)。スパイスが足りてねえのはお前だよタカヒロ

 

まとめ

 本当に豊作か?って感じ。とあるとかSAOとかをスルーしてるからだと思うけど。とりあえずグリッドマンを信じて生きていく。

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

30日間無料トライアル実施中!【Amazon Prime Video】

2018夏アニメを見終わった話をする

 夏が終わったので終わったアニメの話をします。

あそびあそばせ

 ギャグ枠としては優秀。ただ最初めっちゃ面白く感じたけど後半はそんなでもなかったように思える。あと表紙詐欺がどうこう言ってるCMが臭い。

ISLAND

 もう後半ぐちゃぐちゃで何したいのかわからない。アニメ化前提のシナリオなら尺のことぐらい考えてくれ。

ペルソナ5

 面白かったけど終わってないやつ。

ぐらんぶる

 構成的には原作に忠実。ちょっと原作ほど勢いがなかったように思えるのが単に内容を知っていたからなのかどうかはわからない。

ハイスコアガール

 面白かったけど終わってないやつ。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

 今期最強枠。一話が強くて中盤から終盤にかけて強くて最終回も強い。一話の頃は意味不明な感じの面白さを想定してたけどなんだかんだ安定した終わり方をしたとも思う。

Back Street Girls -ゴクドルズ-

 ギャグ枠。安定して面白かったけどシコとかそういうのがないのはちょっと。

One Room

 一期に比べたらクソだと言ってもいい。ていうか一期と作ってるとこ違うのを知らなかったのは俺のミス。

プラネット・ウィズ

 よかったはずなんだけどなんかあんま覚えてない。ながら作業していた弊害ではあるけど特別盛り上がってみようって感じにはならなかった。

音楽少女

 最終回みたいなのを作りたいなら最初からそうしてください。ところどころなんかいけそうな雰囲気を醸し出してたけど基本的にはクソアニメ扱いされても仕方ないと思う。

七星のスバル

 SAOにあの花を足した感じってみんな言ってるアニメ。俺はSAOを見たことがないしあの花もあまり好きじゃない。これもそんな感じ。

はねバド!

 単純に試合の描写がかっこいいよねって思いながらずっと見てた。でも最終回の演出はちょっと臭い。スポ根モノとして作るには変なもんが混じってて素直にいけなかった感がある。

まとめ

 レヴュースタァライトが強い回。あと尺内に終わらないアニメは普通にイラつくからやめろ。でも結構見てた本数多かったし全体的には良かったんじゃないですかね。

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

30日間無料トライアル実施中!【Amazon Prime Video】