くだらねえオタクの話をする

『推し武道』原作者、平尾アウリの他作品について話をする

まんがの作り方(4) (RYU COMICS)

 推し武道が無事に最終回を迎えたところで、その原作者である平尾アウリのセンスを数年前に見初めた俺が、アウリのラインナップを紹介ついでに羅列していきたいと思う。最近はブログやってなかったからリハビリがてらに対戦よろしくお願いします。

まんがの作り方

まんがの作り方(1) (RYU COMICS)

まんがの作り方(1) (RYU COMICS)

 

 デビュー作。実はこれだけだいぶ前にkindleで無料だったから買ってない。

 働きたくない主人公が昔取った杵柄で漫画家を始め、ついでにめちゃくちゃ売れてる漫画家である後輩となんか百合っぽいことしながら展開する百合×クリエイターモノ、と見せかけて実態は半分ぐらいギャグ漫画だと俺は思ってる。

 クリエイターモノとしては、脇役の漫画家志望の女の子に「真面目に漫画書いてください!」と言われるぐらいの適当さだし、百合モノとしてもあんまヘビーな感じはない。ただアウリの百合路線を決定づける立ち位置の作品。

 基本的には行き当たりばったりな展開やシュールなギャグとかその辺を楽しむと良い。ストーリーもまあ普通に面白いんだけど真面目に読んでると面食らうと思う。最終回のやっつけ感には全人類が踊り狂った。

平尾アウリ作品集 4月1日

平尾アウリ作品集 4月1日 (RYU COMICS)

平尾アウリ作品集 4月1日 (RYU COMICS)

 

  恋愛モノ短編集(作品集)。パンチは弱いが綺麗なアウリを読みたいならこれが一番まともかも。俺は綺麗なアウリよりも意味不明なムーブをするアウリが好きなのでおすすめ度合いは低い。

OとKのあいだ

  オタクの話。アキバを舞台に女装少年とかメイド喫茶の店員とか客とかが恋愛をしたりしなかったりする。ちなみにこれも短編集。というかアウリの単発はほとんど短編集なんだけど、一応これは舞台が一緒なので微妙に人の繋がりがあったりする。

 話の中身は明るい恋愛モノから微妙なすれ違いとかまで色々。別にオタク関係ないのも多い。ただ舞台が舞台なのでちょっと面倒な悩みを抱えた人間がうにゃにゃってやる話とかある。個人的に好きなのは、可愛い可愛いって周りから言われるけどでも別にアイドルとかになれるほどじゃねーしどうせメイド喫茶止まりだわーってやさぐれてる子の話。

センセイと僕

  色白で女みたいな見た目をコンプレックスに思っている少年が、自分に優しくしてくれる先生に恋をしてしまう話。

 「かわいいって悪いことじゃないよ」の一言で救われたと同時にその後の人生がズレていく主人公の姿が平尾アウリにしては珍しく丸ごと一巻で描かれていく。先生が素敵なのと同時に罪作り過ぎて面白い。片方にとっては一生を左右する大事な思い出なのに、もう片方にとっては数ある思い出のうちの一つっていう構図がオタク好みするので当然俺も好き。

 ギャグ要素は少ないけど、反面お話的にはアウリの中だとかなり強い方だと思います。

今日も渋谷のはじっこで

今日も渋谷のはじっこで (FEEL COMICS)

今日も渋谷のはじっこで (FEEL COMICS)

 

  今度は渋谷が舞台の短編集。ちょっと社会的にはじっこな奴らが恋愛をしたりしなかったりする。てか推し武道とかまんがとかは基本がアホっぽいからあれだけど、平尾アウリの話はビターエンドみたいなんがすごい多いね。

 今回は主人公勢が20代前半ぐらいが多くて、青春ってよりは青春でミスった人たちの話が多い。なのでサッパリと終われない話も多い。OとKの方が明るめでこっちが暗めって感じ? ちなみに俺はストーカーの話が一番好き。

青春の光となんか

青春の光となんか (バンブーコミックス)

青春の光となんか (バンブーコミックス)

 

  驚異のギャグ短編集というか掌編集。全部で30話とかある。(俺が思う)平尾アウリの本領発揮って感じの一冊。いちいち語ることは特にないけど面白い。

わびさび

わびさび 平尾アウリ作品集 (MFC)

わびさび 平尾アウリ作品集 (MFC)

 

  作品集。ごった煮だけどいつも通り恋愛をしたりしなかったりする。でも今までの短編集と比べてギャグ路線多し。平尾アウリ、年を取るごとにギャグの割合が高くなってるのか? でもデビュー作が一番イカれてる側面もあるしよくわからない。

まとめ

 なんか調べてたら小説のコミカライズとかも一回やってるらしいけどノータッチです。それを除けばたぶん平尾アウリの本は網羅してるはず。

 基本的に同性愛とか変な形の恋愛モノ(切なさ多し)とシュールギャグの二刀流で戦う人間であり、ラインナップを見ればわかると思うけど短編集がほとんど。長編の風呂敷をまとめるのはまんがを見れば難しいんだろうなってなるけど、推し武道は結構真面目にストーリーやってるから頑張れ。

 ちなみに上記でおすすめなのは「まんがの作り方」は当然として、ギャグは「青春の光となんか」、お話的には「センセイと僕」を推していきます。よろしくお願いします。