くだらねえオタクの話をする

『armello』とかいうゲームが面白かった話をする

f:id:yossioo:20190212225021j:plain


 久しぶりにゲームの記事を書くよ。

 armelloはsteamで配信されてる2000円ぐらいのゲーム。なんかswitch版とかも発売されているらしい。出たのは三年前ぐらいで今更記事を書くのは完全に自己満足なんだけどせっかくだし話をしておこうと思う。

store.steampowered.com

概要

 ジャンルはストラテジーゲーム(?)とか言うらしく、四人対戦のボードゲームをPCでやっている感じ。ターン制でマス目上のマップを移動し、ステータスを上げたり装備を整えたり相手を妨害したりして制限時間内に勝利条件を満たすように戦うゲーム。ここをあんま語ろうとすると長くなるしめんどくさいので割愛。

 大きな特徴としては、勝利条件が四つ存在すること。基本的にはマップ中心の宮殿に引きこもっている獣の王様をぶっ殺す“王殺し”、穢れというステータスを高めて王殺しを行う“穢れ勝利”、戦闘ではなく特殊アイテムを揃えて王を殺す精霊石、そして王には触らず他のプレイヤーを妨害して制限時間終了を目指す“名誉勝利”。勝利条件が複数存在することで選択肢が増え、毎回違ったゲーム展開になるのがこのゲームの一番面白い点だと俺は思っている。

 あとは運要素が強い点。特にリアルのボドゲではなくPCゲームなためランダムな部分が多く、戦闘や罠はサイコロだしターン開始時に引けるカードもランダムだし、マップもNPCやイベント配置ももちろんランダム。そのおかげで良くも悪くも様々なゲーム展開が生まれる。
 これは賛否両論分かれるところで、嫌いな人もいると思う。俺も結構やっててイライラすることは多い。ただ運要素が強いことは四つの勝利条件と合わせて最後まで逆転の目があることを意味しており、最初は運が悪すぎてボコボコにされていたのに、他のプレイヤーがもたもたしているところを突いてワンチャンに賭けたら案外勝てたりもする。最初から最後まで理詰めでやりたいって人はあれだろうけど、ずっと頭を使ってるのも疲れるっていう俺みたいなタイプにはそれほど評判が悪くない。

良い点

選択肢の多さ

 まずキャラクターが多い。DLCを含めると全部で20体、そこからさらに指輪やアミュレットといったカスタマイズ要素で、スタート時点から選択肢が多い。そりゃ強いのを選ぼうとするとある程度テンプレにはなるけど、どのキャラもちゃんと使えば戦えるという印象。というかステータスや装備なんかはゲーム展開次第なので、どんなキャラでも同じ戦い方にはなりにくく臨機応変に立ち回る必要があったりする。
 それに加えて上にも書いたとおり勝利条件が複数あって、どんなキャラでも初めに目指していた勝ち筋と違う立ち回りを強いられたりもする。運要素も強いからテンプレに囚われない方が勝てるっていうバランスが良い。

王殺しと宮殿の罠

 まあ結局は王殺しするのが一番早くて勝率高いってのが上に書いてるのと矛盾してんだけど、その王殺しにも手順がいくつかあって面白い。
 その最たる理由が、王様が居る宮殿に入るため、罠を突破する必要があるという点。罠は単純に知恵のステータスを上げて突破するか、手札に罠を解除できるシンボルを集めるか、クエストを消化して確実に行くか、なんてところ。一応運ゲーなのでワンチャン狙いで突っ込むのもアリ。
 王殺しを狙うには戦闘力を高めたり装備を整えるのが最優先なんだけど、そうすると宮殿に入るのが難しくなる。そしてその逆も然り。バランスが大事なんだね。
 で、とりあえず序盤はステータスを上げる旨味もあるのでみんなクエストを進めるんだけど、最初からつまずくとクエストからの宮殿解放が絶望的になる。でもアイテムとかは妨害されまくってても揃えることは可能なわけで、あとはシンボル揃えて自力突破すれば終盤からの逆転は十分にあり得る。それから他のプレイヤーが空けたところに後ろからそいつを殺して入るって手段も面白い。

 そんで王殺しだけど、これもただ戦闘力一辺倒にすればいいだけではない。王様の装備が特殊で、他のキャラを殺すには戦闘力だけ高めてればいいけど、王様を殺すには程よい戦闘力で上手に戦う必要がある。細かい説明はいちいちしないけど、戦闘が強いキャラでも一生能筋してればいいわけじゃない。
 そいで戦闘力が低いキャラは精霊石とか名誉を狙うわけだけど、かといって戦闘力がまったくないとカモられるだけであまり強くない。キャラによって強い部分と弱い部分がちゃんとある。ここが偉い。(ただある程度プレイしてやっぱり戦闘力高い方が普通に強いことが判明。バランスが本当に良いのかは謎)

悪い点

人口が少ない

 普通に過疎。wikiとか全然更新されてないし動画や記事も全然ない。でもマッチングはする。俺はフレンドとやるために買ったみたいなところがあるからあんまり気にしてないけど人口少ないとなんだか悲しくなるね。でも過疎って言われる割には結構スムーズにマッチングするんでそこは助かる。

テンポが悪い

 一戦で一時間とか平気でかかる。しかもその一時間の大半は自分の操作に関係ないシーンなので、アニメや動画のお供がほぼ必須みたいになってる。
 特に気になるのが、戦闘の演出がクソ長いこととNPCの行動がいちいち挟まってきてウザいこと。特にNPCがプレイヤーに襲い掛かってきてもうやる前から勝敗わかりきってんのにわざわざ戦闘画面に移って装備効果の演出があってサイコロころころしてこっちが殴って相手が殴って普通の画面に戻ってから戦闘結果が表示されてNPCが元のマスに戻ってそんでまた他のNPCが同じように殴りかかってきて繰り返しってのを毎ターン繰り返されるとさすがにもう時間の無駄すぎて死ね。マジで長い。これは本当にクソ。

運要素が強い

 賛否両論って言った通り。さすがの俺でもダンジョンで連続ベインを引き当てたり、序盤のクエストまでのルートが過酷すぎてどうやっても不利確定、みたいなのは萎える。萎え落ちして消えるやつがそれなりの頻度で出現してしまうのがこのゲームの残念なところ。正直序盤が不利でも結構逆転はできるんだけど、単純にストレスが溜まってしまうのが駄目。

まとめ

 まあ面白いっすよ。下手に人口がいなくてランクマがないのが逆に良いのかもしれない。色んな選択肢があるって言ったけど、勝率を追い求めたらやっぱりテンプレになってしまいそうだし。対人ゲーってそれなりに人口のいるいわゆるeスポーツ的なのばっかりやってたからこういうのは新鮮ですね。ボドゲが好きな人にはわりとおススメできると思う。

 でもまあやっぱりフレンドとわちゃわちゃやる方が断然楽しい。孤独にゲームをやるのは疲れてしまった感がある。そういうあれ。