くだらねえオタクの話をする

2018冬アニメを見終わった話

そういうわけで適当に一言ずつやっていきましょう。

ダーリン・イン・ザ・フランキス

 今期だと一番好き。単純に話が面白いってのもあるけど、ディストピア的設定が余裕のある尺を使って小出しにされてくる感じが結構良い。ただゼロツーがキャラ的にそんな好みじゃないってのと、話の流れが予想の範疇でしか動いていないのが気になるところ。2クール目で盛り上げていく前提の評価みたいなところがある。

メルヘン・メドヘン

 作画アニメ。作画のクオリティは語るまでもないが、お話の内容もあまり語るようなことがない。ロシア編とか割と好きだったけどね。基本的な話がまさしく平凡なラノベアニメってやつで、正直この手のやつにはよくある「作画がネタにされてなければ話題にもならない」アニメだったと思う。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

 作画アニメ。作画の暴力って感じだけど、見え見えのテレフォンパンチしか打ってこないから避けるのは簡単だった。メドヘンにお金分けてやれ。

宇宙よりも遠い場所

 はい強い。オタクが望む展開を毎話毎話ぶつけてきてついでに+αを添えることも忘れない良作。欠点が少ないアニメは語ることも少ない。

りゅうおうのおしごと!

 三つも記事書いたし今更言うことねーわ。

三ツ星カラーズ

 強い。ほのぼの日常アニメってよりはガチロリ激シコアニメとして見た方が面白い。ロリ三人が世紀末ムーブしてるのに周りが優しい世界すぎるのは普通に都合が良すぎてどうかと思った。代わりにカラーズ同士でクソを投げ合う回とかは普通に面白くて良いと思います。

ラーメン大好き小泉さん

 ラーメンとかはどうでもいいけど佐倉綾音が良かった。小泉さんは欠片も可愛くなかったけど他のキャラは悪くない。アニメスタッフが頑張った結果だと思う。

スロウスタート

 強い方のきらら枠。アニメにするとえーこの話がめっちゃ浮くなって思った。原作の時点でひしひしと感じてたけどやっぱちょっと設定で闇を見せたぐらいじゃきららは萌えアニメの枠からは出ねーわ。

 

雑感

 完走したのは8本? 相変わらず10本に届かないですね。

 今期は単純にクオリティの高い良作が多く、毎日が平穏だったように思う。特にダリフラよりもい(人によってはヴァイオレット云々)辺りは誰が見ても高水準に感じる出来。豚枠やロリ枠、作画枠やなろう枠も取り揃えており、悪くはないクールでしょう。

 ただ尖ったコンテンツ性を提供してくれる、俺好みをするアニメってのが決定的に不足していて、そういう意味では記憶に残らなさそうなクールだなとも思う。面白いのと好きになれるのとはやっぱり違うのだということを痛感する昨今ですね。