くだらねえオタクの話をする

モンスターハンターワールドβテストでネルギガンテさんと戯れたお話

モンスターハンター:ワールド - PS4

 はい、というわけでね。今回はMHWのベータ版をやっていきたいと思うんですけどね(もう終わりました)。

 まあ別にゲーム攻略ブログでもないので適当に感想とか書いていきたいと思います。みんな大好きモンハンシリーズの最新作がいったいどんな感じなのか的なあれでね。それと最後にちょっとネルギガンテ討伐について触れようかと。

 ちなみに俺のモンハン歴はMHPから入って3rd辺りで一旦お休み、3DSで復帰して4やXも一応やった感じ。人並みかそれよりちょっとやってるかなぐらい? 結局みんながやったモンハンのイメージつったらPSP時代のそれだろうからその辺は共有できてると思う。

主な新要素

・PS4

 まあハードが違うだけで相当違うっていうね。携帯機には発揮できないスペックによってグラフィックが良くなったりマップ移動がなくなったりまあ他にも色々あると思う。携帯機も持ち運びができるっていうメリットはあったけど、そもそもオタクは家から出てゲームなんかしねえから恩恵がないんだよな。普通に自宅でオンラインができる今、据え置き機の時代が戻ってきてると思う。

・導虫

 マップにある痕跡を調べることでモンスターの居場所を知ることができるシステム。要は手間のかかる千里眼。ついでに一回モンスターを見つけてしまえばマップからそいつが消えることはない。自動ペイントボール。シンプルに手間が減って素晴らしいと思う。

・アイテムの利便性向上

 アイテム系で一番大きいのは回復役のモーション廃止。ガッツポーズがなくなって歩きながら回復できるようになった。その代わりに回復にかかる時間が少し伸びたか? 回復の途中でローリングキャンセルしたり敵の攻撃を受けたりすると回復できないままアイテムだけ消費してしまう。人によっては今回の方が辛いと感じるらしいけどそれはたぶん仕様に慣れていないだけだと思う。あと砥石とかもローリングでキャンセルできる。アイテム仕様のために別エリアに移動するのは前々から馬鹿らしいと思ってたのでようやくかといった感じ。

 あとはスリンガー(ゼルダのパチンコみたいなやつ。サブウェポン的な感じで使える)の登場によって投擲物が実践使用に耐えうる存在になったのも良い改善点。投げナイフとかすごい当たりやすくなったし閃光玉とかの玉類の発生もすごく早い。それにマップで適当に拾ったもの(物を拾うのにかかる時間は大幅に短縮された)を暇つぶしに投げたりしつつ状態異常を狙えたりとかはめんどくささを排除しつつ戦略性を増やすことに繋がっている。

・マップ仕様の変化

 なんてまとめればいいかわからんかったけど、まあマップ内でできることが増えてる。クエスト入ってからでも装備を変えたり食事をしたり、いくつかあるキャンプ地までファストトラベルできたり。その辺は本当に利便性が上がってる。マップの一部を破壊してモンスターを叩き落とせたりツタを使ってターザンできたりは実際どこまで使われるかわからないけど、あって損するってことはないし別にどっちでもいいと思う。あとあれだね、シビレガスガエル。『環境を利用して狩りをしよう!』って言って高低差を作りまくった3DSの乗りシステムは賛否両論だったけど、今回追加された要素はどれもただ便利なものであってそれが邪魔になるってことはあまりないだろうから、賛はあれど否は少ないはず。

・武器の仕様

 まあ武器の強化は毎度のことだからMHWに限ったことではないんだけど一応。とりあえずどの武器もモーションが追加されたり、機動力が上がってモッサリ感が減ったりしている。RTA勢の動画がどの武器でも上がっているのを見ると不遇武器ってのはほとんどないものだと思っていいかもしれない。その代わり、普通に殴ってるだけでダメージを出せる初心者武器みたいなのは減ってしまった印象で、例えば俺は大剣とか太刀なんかが好きなんだけど、どちらも新モーションをきちんと運用して初めてDPSが出せる形になっている。新規参入に「とりあえずこれ握っとけ!」ってドヤ顔アドバイスしようとしても、今のところ安直に初心者向けと呼べる武器がないのは難しいところ。

ネルギガンテ討伐

 MHWの看板モンスターことネルギガンテ。序盤の装備しか用意されていないベータの中では格上なスペックに加え、15分という縛りプレイに近い制限時間のせいでかなり強敵扱いされている。ちょろっと調べてみてもソロ討伐できたって人とできないって人で半々ぐらいなイメージ。モンハンに自信ニキが多いインターネッツでこれだから、その辺の一般人でこいつを倒せるのはかなり少数なんじゃないかと思う。もちろん慣れてるハンターなら初見でもクリアできるそうなので、自分のプレイヤースキルを見極めるのにはちょうどよかったかもしれない。

 ちなみに俺は20回ぐらい挑戦してようやく太刀でネルギガンテソロに成功した。雑魚ではないけど時間をかけすぎなのでとてもお上手とは言えない。で、やってて思ったのは、もちろんスキルも重要だけど、アイテムや環境を上手く利用して討伐までのスケジュールを組み立てられることの方が人並みハンターには重要ってこと。不動の装衣やシビレガスガエルなんかの新要素をきちんと使い、乗りや麻痺なんかの硬直をどこで発動させるか、あとはせっかくダメージが可視化してるのでDPSのペース管理とか。俺はそういうのの情報を動画やらwikiで調べるのも好きなのですぐ知っちゃうんだけど、一人でシコシコやってるだけの人だとそもそも不動の存在自体を知らなかったりするから勿体ないなと思う。

 まあ逆に言うと、それぐらいでようやくクリアできるクエストなので、やっぱり開発的にも簡単にクリアされると悔しいってことだったんだと思う。ベータだし一種のお祭り要素みたいな感じで俺は面白かったけど、このクエストに関しては完全に新規お断りでしたね。

雑感

 全体的に率直な感想を言うなら、普通に面白かったですね。俺はモンハン好きだしMHWは普通にモンハンの面白い部分をしっかり作ってあるので妥当な評価だと思える。

 もう少し詳しく言うならば、モンハン復帰勢にお勧めしたいゲームだと思う。というか、前作までとの変更点を見ても、そもそも3DSに移行したときに離れていったPSP勢を狙って開発されてるものだと思う。4やXは新要素をバリバリ追加していって既存ユーザーを奮い立たせたり新規参入を誘ったりしてたけど、今回は新要素というよりも、回復薬のガッツポーズ廃止を始めとしたストレスフリーなシステム作りが主な注目点になっている。エリア移動がなくなってシームレスになったのもよく言われてるけど、あれだって実際の戦闘そのものはそんなに大きく変わらない。ただ圧倒的に戦う際のイライラが減ったのを感じる。それこそ10年ぐらい前から言われてた改善点を丁寧にこなしていった感じで、PSPのモンハンが好きだった層が戻ってくるのには丁度良いぐらいの変更になっていると思う。

 モンハンっていうゲーム、正直飽きが来るんだか来ないんだかよくわからないんだよね。俺は毎回やるたびに、新要素はあってほしいけどないならないで楽しめてる気がする。Xのスタイルとかはお祭り的かつスタイリッシュで楽しかったけど、あれを続編でもずっとやってたらモンハンも長続きしねえなって感じたのは事実。そういう意味でも、3DSを経由して一周回ってきた今、PS版でのモンハンが割と楽しみではある。

 あとあれね、無料DLCで追加コンテンツを長期間出していく方針だって何かで見たから、できればそれで飽きさせないようにしてくれれば尚良い。どんなもんになるかはやっぱり出てくるまでわからんけどね、とりあえず早く発売しろ。