くだらねえオタクの話をする

アクションヒロインチアフルーツを全話見た話をする

TVアニメ「アクションヒロイン チアフルーツ」オープニング・テーマ「情熱☆フルーツ」【通常盤】

 個人的に2017夏クールで一番面白いアニメだった。

 

アクションヒロインチアフルーツとは

  最近流行りのアイドルものではなく、アクションヒロインもの。要は普通のJKがアイドルやる系のを特撮でやったというだけの話。果実を作るぐらいしか能のないクソ田舎が流行りのコンテンツに乗っかってどれだけ町興しできるのか。……と言いつつ、9人いるメンバーの中で町興しを目的としてヒロインを始めたのはほんの数人。ストーリー的にはあくまで”アクションヒロイン” を通した女の子たちの成長物語といったところだろうか。ちなみにアクションヒロインをアイドルに帰ればだいたい某ラ!と同じような話になる。批判しているのではない。結局王道が一番面白いっていう話をしようと思う。

ストーリー

 一話の衝撃が特に大きかったのは、見た人間の大半が言うんじゃないか。ことりちゃんに良く似た女の子が妹を喜ばせるため、赤いヤツにボコボコにされ、お祭り用のヤグラを破壊され、仕舞いには学校を退学寸前にまで追い込まれる。この一話を見た瞬間、俺は最高に面白いイロモノだと思い込んで視聴継続を決定した。実際のところそこまでイロモノ的な展開は一話ぐらいだったのだが、とにかくあの妙な勢いの良さはチアフルーツの強みの一つだ。

 で、その後どうなるかというと、妹のためにアクションヒロインをやろうとしたことりちゃん美甘ちゃんと終盤になるにつれ影が薄くなるが、このアニメの真の主人公であるところの御前にスカウトを受けてアクションヒロインを本格的に始めることとなる。そしてメンバーを次々と斡旋し、業界からも地域からも次第に認められていく。

 おおまかなあらすじは割とありきたりだ。というかアイドルモノやら部活モノのテンプレにはよくあることで、まずメンバー集め、そして本番、の流れは非常にわかりやすい。チアフルーツは特撮を題材にしていたり小ネタがあれなせいでニッチな印象があるが、大筋は基本に忠実に作られている感がある。

主人公としての御前

 これで「みさき」と読むらしいが、まず名前が読めない。いつまでたっても「ごぜん」と読む頭のヤバイ後輩がいるのも仕方ない気がする。

 チアフルーツの主人公は、ビジュアルや一話での印象から杏が主人公なのかと錯覚するが、真の主人公は御前である。ちなみに俺は途中まで「主人公なのに杏の見せ場少なくね?」と思っていた。けど逆に御前が主人公だとも思っていなかった。キャラ立ちはよくできているし、単にメンバー全員に見せ場を割り振っているだけなのだろう、と。しかしそれもまた違った。終盤になるにつれ、お飾りのプロデューサーだった御前が輝きだし、最終回に至っては完全に御前回の様相を呈す。今まで物語の中心になることを避けていたのが布石だったかのようだ。まあ実際布石だったわけだが。

 よくあるテンプレの中では、最後のまとめで謎シリアスを放り込んで微妙な空気のまま終わるというのがあるが、チアフルーツがそうならなかったのは一重に御前様の活躍のおかげともいえよう。最終回で主人公が走るアニメは腐るほどあるが、同じ作りでも良い走りをするアニメと悪い走りをするアニメがある。それは今までの積み重ねによって変わってくるものだと俺は思っていて、だから俺が御前の走りを見て感動したのもそういうことなんだろう。

脇役としての美甘ちゃん

 黄瀬美甘ちゃん。通称ことりちゃん。は俺が一番このアニメで好きなキャラだ。おっぱいが大きいのと打たれ強い点は称賛に価する。なので主人公各の御前と一緒に項目を設けたい。

 で、彼女はチアフルーツ(ユニット名的にはヒナネクター)の生みの親みたいな立ち位置であり、すべての根源である。彼女が妹のために立ち上がらなければ誰もアクションヒロインにはならなかったし、最後まで御前を舞台に登場させたがったのもまた彼女だ。この作品を良く表しているのが美甘ちゃんの存在だろう。

 美甘ちゃんは決して主人公ではない。彼女が動くのは基本的に誰かのためであり、だから美甘ちゃんが活躍するときは決まって他のキャラを立てるときだ。一話では杏、最終回では御前。途中の回ではその辺のガキ共のために。キャラ立ちというのはまさにこういうことだと思う。脇役は脇役としての活躍をすればいいし、悪役だって悪役として目立てばいい。アイドルものと違って全員がヒロインとして登場するわけではないアクションヒロインだからこそ、それぞれの役割を持ったキャラがきちんと自分の場所で活躍しているのは、いいことだろう。

まとめ

 正直途中辺りは地味かなーって思いながら見てた。一話みたいなのが全話続くと思ってたし。ただ丁寧に作られた安定感のある構成とところどころセンスのある演出が光ったりと、安心して見れたし、なにより終盤も綺麗にまとめあげてくれたし、王道とありきたりがどう違うのかっていうのをちゃんとわからせてくれる作品。今期、俺のアニメモチベを維持し続けてくれた偉大な存在でもあった。面白かったです。